理学療法士(PT)はオーストラリアで仕事には困らない!?

前回の記事では日本とオーストラリアの理学療法士事情の違いについて書いています。

 

日本の理学療法士はオーストラリアでは理学療法士としては働けない。というお話がありました。

しかし、日本の理学療法士免許が全くオーストラリアで役に立たないかと言えば、そうではありません。

 

理学療法士は日本でもオーストラリアでも「名称独占」です。

なにが言いたいかというと、理学療法士じゃなくても、理学療法の技術を使った行為はできます。技術そのものを使うことを禁止されている訳ではないのです。

 

前々回の記事では、ワーキングホリデーで来ている日本人の多くが職探しで苦労している現状をお伝えしましたが、理学療法士に限っていば、大して困らないんじゃないかと思っています。

先ほど言ったように、理学療法士は持っている「技術」が使えます。具体的にいうと、「徒手療法」がオーストラリアで職探しをする上では理学療法士の一番の強みになると思います。

(この記事は理学療法士に近い職種しか需要がないと思うので、徒手療法に関する説明は省きます。)

 

 

これを活かしてできる仕事は、

 

ずばり「マッサージショップ」! その中でもリラクゼーション系ではなく、医療系のマッサージショップ・クリニックのようなところががいいかと思います。

というのも、リラクゼーション系はオイルを使ったりすることが多いので、これまでの徒手療法の技術は使えないでしょうし、今後もそれが役に立つ可能性が低いからです。

 

僕はワーホリ中に合わせて56個ほど、ネット求人を見てそのようなお店の面接に行きましたが、落ちたのは一つだけでしたし、メルボルン・ゴールドコーストそれぞれでクリニックで働いていました。

これは決して僕が英語がものすごいできるとか、徒手療法の技術が高いとかそういうことではないとは思いますし、少なくともそこらへんの誰でもいいから人が欲しいっていう飲食店やファームで働くよりも、圧倒的に合格率は高くなると思います。

 

 

 

メリットとしては合格する可能性が高いということに加えて、徒手療法の技術もブラッシュアップできます。外国人の体を見るということで、新たな発見もあるでしょう。

また、今後日本に戻って理学療法士に復帰するってなっても、このクリニックなどで働いたことを履歴書に書くことで、キャリアとしても見てもらえる可能性があります。

 

 

事実僕は帰国後理学療法士にはならずにIT企業に就職しましたが、僕は語学学校とクリニックでの就業経験は履歴書に書きました。

職歴が一年空白になっていたり、飲食やファームなど誰でもできるような仕事が書いてあるよりは、いい印象を与えられたんではないかと思います。

 

 

もちろんデメリットもあって、こういった職種はオーストラリアでは時給制でなく完全歩合制であるところが多いです。(僕がゴールドコーストで働いたところは、最低時給がありましたが) 

そのため、そもそも人が全然来ない店だったり、自分に固定客がつけられなかったりするとあまり稼げなかったりすることもあります。

 

 

僕はメルボルンで働いていた時は、オープンしたてなのもあって全然客が来ない日が多くてすぐやめちゃいましたが、逆にゴールドコースとでは後半のほうは予約でいっぱいで、終日休む間も無く施術していました。

 

まあ、今までの日本での経歴と関係なく、全く新しいことをしたい!っていう人も少なからずいるので、そういう人には参考にならなかったかもしれませんが、理学療法士などの治療家系の職業の方で、オーストラリアへのワーキングホリデーを考えているあくまでも一例として考慮に入れてみてください。

 

 

今回でこのシリーズは一旦終わりにします!それでは!