TOEICスコアが約1年で565点上がった話

 

なんかよくある英語ブログかYoutube動画のタイトルみたいになりましたが。笑

565点"に"上がった話ではなく、565点上がった話ですよ。念のため。

 

*この記事内でのTOEICとは、TOEIC L/Rテストのことを指しています。

 

僕は20187-11月からフィリピンのセブ島に語学留学、その後約9ヶ月間オーストラリアにワーキングホリデーに行っていました。

語学学校にはフィリピンでは全期間、オーストラリアでは二つの語学学校に約1ヶ月ずつ通いました。

 

 

早速タイトルに関する話に入っていきます。

フィリピン留学での語学学校入学時に、TOEICの試験を全員が受けることになります(おそらく過去問)

 

その際に僕がマークしたスコアはなんと、、、、

305点!!

その時の写真です。

画質悪くてすみません。

TOEIC 305点でHB(High Beginner), Oral(口述)とEssay(作文)がBeginnerとなっています。今回はTOEICだけの話。

 

TOEICはみなさん知っての通り990点満点のテストです。しかも全ての問題は4または3者拓一です。

その中で3割程度しかとれないってことは、確率的にもほぼ自力で解けた問題がないということを意味します。(採点の方法はそんな単純では内容ですが、この点数帯ではほぼ同義だと思われます。)

 

個人的には留学前に文法書を読むくらいのことはやっていたので、もうちょっととれると思っていたのでショックでした。。

他の日本人のバッジメイト(同時に入学した人たちのことをこう呼ぶ)の中でも低い方だったと記憶しています。

 

 

とってしまったものはしょうがないので、「伸びしろしかない!」と自分に言い聞かせて日々の学習を頑張っていました。

 

 

ちなみに、スピーキングにフォーカスして授業の選択も自己学習もしていたので、TOEICそのものの対策とかは全くやりませんでした。

 

とはいえ、卒業時のTOEICテストでは645点をとることができました。この時点では340UP!!

 

 

その後はちょっとだけ日本に一時帰国したのち、オーストラリアでのワーキングホリデーに向かいました。

 

 

オーストラリアではメルボルンとゴールドコースト、それぞれ語学学校に行きました。

メルボルンでは週5回、午前中のみの一般英語コースに6週間、ゴールドコーストでは週3回、午前と午後クラスがあるIELTSコースに4週間通いました。

 

 

もちろん語学学校での英語学習を通して英語力が伸びたのは間違いありませんが、個人的にはわずかな要因でしかなかったと思います。

というのも、僕は結構自宅での自己学習に力を入れていました。単語や文法、作文といった一人で出来る従来の学習はもちろん、滞在後半はオンライン英会話もやっていました。英語圏にいるにも関わらず。その後帰国後も(一時やめていましたが)オンライン英会話は続けています。

 

自己学習のモチベーションになったのはやはり、実際に語学学校や仕事の中で英語でコミュニケーションをとったり、街中の英語の文を読んだりすることに難渋したことだったと思います。

やはり、必要性があれば人間勉強するんだなと思いました。

 

 

ちなみに、IELTSの講座を受講していたことからもわかるように、オーストラリアでもとりたててTOEICの勉強を集中的にやっていたわけではありません。

(IELTSについては別記事でまた書こうと思います。)

 

 

その後9ヶ月オーストラリアに滞在したのちに帰国し、2週間ほど後のTOEICに申し込んでいたので、受験しました。

 

 

その後一ヶ月近くして届いた公式認定証がこちら!

タイトルにもあるので察しがついているとは思いますが、

 

 

305

 

 

 

870点!

 

 

一年ちょっとで565上がったことになります。

 

TOEICの勉強だけを集中的にやっていたわけではないのに関わらず、これだけ点数を伸ばせたということは結構自信になりましたし、単純に英語力がついたんだなあと思って嬉しかったです(TOEICの点数=英語力では決してありませんが)

 

 

逆にTOEICをそんなに勉強してなくてもこれだけとれたのなら、ちょっと勉強すればもっと点数取れるんじゃないか。

ということで、次回のTOEICを受験する予定で、英検一級の勉強と並行して、TOEICでは次回試験において950点が取れるようにガンガン公式問題集を解くなど勉強しています。

 

 

試験を受けて結果が出たら改めて晒しますので、恥ずかしくない点数が取れるように引き続き気張っていきたいと思います!

それでは!