リモートワーク、始まります。

 

おはようございます。東京オリンピックが今年は開催されないことが発表されましたね。

様々なイベントも延期や中止を発表しており、僕が受けようとしていたTOEICや情報処理技術者の試験も例に漏れず中止となっています。

 

改めていう必要はないのかもしれませんが、日本含め世界は新型コロナのパンデミックで大変な状況になっています。

僕はというと一月からIT企業に転職してまだ大した期間が経っていませんが、僕含め本社勤務の方の在宅勤務が始まりました。

 

今流行りのリモートワークってやつですね。どうやら会社が入っているビル内でコロナの症状が出た人がいるみたいです。おぉ怖い。

僕は通勤に二時間近くかけていたので、在宅になってそこが短縮できるのはありがたいですね。

朝めっちゃ時間があって有意義に使えています。通勤時間帯にできていた英単語の勉強をやるルーティーンが崩れてしまいましたが、まあそれは新たにできた時間でそういうのはやっていけばいいかなとは思っています。

 

 

僕はシステムエンジニアなので、リモートワークは大した障壁がなく可能ですが、世の中にはリモートでは成り立たない職種の方が大多数だと思います。

そういう意味ではこの転職のタイミングは割とラッキーだったのかもしれません。まあリモートが最終的に可能っていうのはエンジニアを志した大きな理由の一つではありましたが。

 

このコロナショックを契機に倒産する企業なんかもこれから多数出てくるのではないでしょうか。

 

 

ちなみに僕が前までいたオーストラリアでは今日本以上に深刻な状態に陥っているようです。

スーパーに物が全然ないことであったり、パブやレストランに規制がかかったり、航空会社が一定期間の全運休を発表したり、州境を超えて移動することが禁止されたりと、、、、

 

先日サッカーの本田圭佑選手がツイッターで、「日本だけが世界で割と普通に生活している唯一の国という不安な状態」という表現をされていました。確かに日本は、欧米諸国やオーストラリアなどの先進国と比べるとコロナに対する規制がそこまで厳しくはなっていませんね。これが良いことなのか悪いことなのかははっきりとはいえないでしょうが、まあ危機的状況であることは変わりないと思います。

 

死者が出る出ないもそうですが、世界中の経済の停滞に拍車をかけてしまうので、一刻も早く騒ぎが収束することを祈るばかりです。

個人的には梅雨さえくれば日本国内のウィルスは多少落ち着くのではないかと思っているんですが、甘いですかね?

 

熱帯雨林気候の国々でも流行しているのを考えると無理な話ではあるのでしょうか。。。。

 

 

しまりがフワッとしてしまいましたが、本日は以上!